写真

羅冠聡氏(ゲッティ=共同)

【ロンドン共同】中国による香港国家安全維持法(国安法)施行を受け、香港を離れた民主派の羅冠聡氏は13日、ロンドンに滞在していると自身のツイッターで明らかにした。羅氏は、2日に香港を出たと公表していたが、行き先は不明だった。香港の旧宗主国の英国で、事実上の亡命生活を送る可能性もある。 2014年の香港大規模民主化デモ「雨傘運動」を主導した羅氏はツイッターで「滞在中の小さなアパートから、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング