【ロンドン共同】14日付の英紙タイムズは、最新鋭空母「クイーン・エリザベス」を中核とする空母打撃群が来年初めに初の本格任務として極東に派遣される計画が進んでいると、英軍高官らの話を基に報じた。 海洋進出を進める中国をけん制する狙いで、米国や日本との演習も想定されているとしている。 2017年に就役したクイーン・エリザベスは排水量約6万5千トン、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング