【台北共同】ポンペオ米国務長官が南シナ海での中国の主権主張を否定したことを受け、台湾外交部(外務省)の報道官は14日、中国を念頭に「脅迫や武力によって南シナ海を巡る争いを解決させようとするたくらみに反対する」と述べ、米国への支持を表明した。 台湾の蔡英文政権は米政府と共同歩調を取って関係強化を図ることで、中国への対抗姿勢を堅持していく構えだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング