政府、自民党は民間人が先端技術情報を取り扱う際の資格を定めた「セキュリティー・クリアランス(SC)制度」の検討に乗り出す。複数の関係者が1日、明らかにした。機密情報管理を強化して他国への流出を防ぐとともに、産官学の技術連携を促す狙い。米中の技術覇権争いを背景とした経済安全保障の体制構築の一環となる。自民党が9月にも論点をまとめ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング