写真

朴槿恵被告

【ソウル共同】韓国最高裁は14日、財閥のサムスングループなどから巨額の賄賂を受け取ったとの特定犯罪加重処罰法上の収賄罪などに問われた前大統領、朴槿恵被告(68)の上告審で、懲役20年、罰金180億ウォン(約17億円)などの実刑を言い渡した昨年7月のソウル高裁での差し戻し控訴審判決を支持して検察の上告を棄却、刑が確定した。 事件を「政治報復」と非難する朴被告は一審途中から出廷拒否を続けた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング