写真

帝政ローマの著述家プルタルコスの著書『Decohibendaira(直訳:怒らないことについて)』では、「怒りを感じたときの対処方法」を紹介しています。1番いいのは泰然自若としていること。それが無理なら静かなところへ逃れてそこで休むことだ。てんかんの発作が起こりそうだと自覚した人が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング