写真

『疲れをとるなら帰りの電車で寝るのをやめなさい』(三島和夫監修、伊藤和弘、佐田節子著、日経BP社)の監修者は、「疲れを取るためには絶対NGな生活習慣」として、次のような例を挙げています。・帰りの電車で席に座って寝てしまう・ベッドの上で寝る前に本を読む・翌日早く起きたくて、まだ眠くないのにベッドに入る・休日にいつまでも寝ている(「はじめに」より)「よかれと思ってやっているケースも多い」というこのような生活習慣は、実のところ体の睡眠リズムを見出し、疲れを抜けにくくするというのです。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング