Appleの最新「iOS 11.3」アップデートではバッテリー寿命を自分で管理できるけど、そうすべきでない理由

lifehacker / 2018年2月6日 10時0分

Appleが近日リリース予定の「iOS11.3」アップデートは、AR(拡張現実)機能やアニ文字が改善されているほか、iPhoneのパフォーマンスを詳細にコントロールできるようになっています。昨年、iPhoneのバッテリーが劣化するとユーザーが知らないうちに動作が遅くなるように設計されていたことが判明し、Appleは非難を浴びました。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング