慣れれば便利、ほとんど使われていないiPhone「3D Touch」のすべて

lifehacker / 2018年9月8日 20時0分

Appleは、2015年にiPhone向け3DTouchをリリースしました。技術の背景にあるコンセプトは簡単で、画面をより強く押すとiOSの様々な追加機能が使えるというものです。最初は、3DTouchはただの仕掛けのように思えました。3年経った今でも、3DTouchが自分のiPhoneで使えると知らない人がたくさんいます。Appleもこの事実をすぐに認めるかもしれません。これまで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング