写真

先日、ドーナツ大手のミスタードーナツは、全店舗約1,200のうち500店での店内調理を廃止すると発表しました。経費の削減と客席の確保がその理由に挙げられていますが、外資やコンビニの参入により競争が激化するドーナツ市場において、はたしてこの戦略でミスドは成功を収めることができるのでしょうか。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング