写真

11月5日、イラン制裁を再開したアメリカ。単独で強行された「史上最強措置」は、世界にどのような事態を引き起こすのでしょうか。国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、米国とイランの関係性を、石油利権争いの時代、シェール革命以降、トランプ政権成立後に区切り解説した上で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング