レッドリスト:アブラコウモリの仲間絶滅 最新版発表

毎日新聞 / 2017年9月14日 19時27分

国際自然保護連合(IUCN)は14日、世界の絶滅危惧種のリスト(レッドリスト)の最新版を発表し、オーストラリア・クリスマス諸島に生息するアブラコウモリの仲間が絶滅したと宣言した。1980年代には広く生息していたが、2009年を最後に生息を確認できていない。アリなど外来種の拡大が絶滅の原因になった可能性があるとしている。一方、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング