O157感染:岐阜の女子生徒2人入院

毎日新聞 / 2017年9月14日 21時38分

岐阜県は14日、県立岐阜農林高校3年の18歳の女子生徒2人が、病原性大腸菌O157に感染し入院していると発表した。県は食中毒と感染症の両面で調査中。2人とも快方に向かっているという。県によると、女子生徒1人が5日に下痢や腹痛などの症状を訴え、岐阜市内の病院で受診したところO157の感染が確認された。岐阜保健所が11日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング