衆院解散表明:「森友・加計から逃亡」

毎日新聞 / 2017年9月25日 23時13分

森友学園、加計学園の問題を巡り野党は臨時国会で攻勢を強める構えだったが、審議されないまま総選挙に突入する。大阪市の学校法人「森友学園」への国有地売却問題を訴訟で追及する神戸学院大の上脇博之教授(憲法学)は「審議に応じない解散は憲法違反の可能性もある」と指摘。首相は消費税の使途変更を主な解散理由としたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング