野生絶滅種:貸与のクニマス1匹死ぬ 衰弱死か

毎日新聞 / 2017年10月24日 8時35分

秋田県仙北市は23日、田沢湖クニマス未来館で飼育しているクニマス5匹のうち1匹が死んだと発表した。衰弱死とみられる。同市企画政策課によると、死んだ個体は全長24センチのメス。19日にクニマス専用の水槽内で死んでいるのが確認された。この個体は体全体が黒ずむなど、「成熟」と呼ばれる生殖可能な状態の兆候が表れていた。同課は死因を「成熟」に伴う衰弱とみている。死んだ個体は冷凍保存され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング