旧陸軍ジェット戦闘機:幻のエンジン部品発見 ICU構内

毎日新聞 / 2017年11月11日 15時0分

太平洋戦争末期に軍用機を開発した旧中島飛行機三鷹研究所の建物が残る国際基督教大学(ICU、東京都三鷹市)で、旧陸軍初のジェット戦闘機「火龍(かりゅう)」に搭載される予定だったジェットエンジンのものとみられる部品が見つかった。戦時中に国内で生産されたジェットエンジンはほとんど現存せず、専門家は「当時の航空技術を知るうえで非常に重要な資料だ」と話している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング