香川労働局:マタハラ相談急増 背景に社会的関心の高まり

毎日新聞 / 2017年11月15日 10時44分

結婚や妊娠、出産を理由に嫌がらせを受けるマタニティーハラスメント(マタハラ)に関する相談が香川県内で急増している。マタハラへの社会的関心が高まったことが背景にあるとみられ、香川労働局に2016年度寄せられた相談は178件で12年度(58件)の3倍以上になった。同局は12月末まで特別相談窓口を設けており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング