地裁立川支部:「正当防衛が成立」54歳男性に無罪判決

毎日新聞 / 2017年11月21日 22時29分

東京都府中市の飲食店で居合わせた男性とけんかになり、腹部を蹴って死亡させたとして、傷害致死罪に問われた国立市の無職の男性(54)に対する裁判員裁判で、東京地裁立川支部は21日、無罪(求刑・懲役5年)を言い渡した。川本清巌裁判長は「致命傷となったけがは第三者の暴行による可能性が排斥できない。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング