朝日新聞:評論家・小川氏の著書に抗議 謝罪、訂正求める

毎日新聞 / 2017年11月22日 20時6分

朝日新聞社は21日、文芸評論家・小川栄太郎氏の著書「徹底検証『森友・加計事件』朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」が、朝日新聞の森友、加計両学園に関する一連の報道を根拠なく「虚報」「捏造(ねつぞう)」などと決めつけ、名誉や信用を著しく傷つけたとして、小川氏と出版元の飛鳥新社に厳重に抗議し、謝罪や訂正を求める申し入れ書を送ったと公表した。同社は21日付の申し入れ書で、事実に反する部分として、本の題名や「『安倍叩(たた)き』のみを目的として疑惑を『創作』」「裏取りもせずにスクープを決断」など16点を列挙し、2週間以内に書面で回答するよう求めた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング