昨年のノーベル平和賞を受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長(35)は13日、長崎市の長崎原爆資料館であったセミナーで基調講演した。国連で成立した核兵器禁止条約に署名しない方針の日本政府に対し、「核兵器がもたらす結果を誰よりも知っているはずなのに、広島、長崎のような人類最悪の行いが繰り返されてもいいと考えているのか」と批判した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング