大学入試センターは13、14日のセンター試験中に不正行為が4都府県で4件あったと発表した。不正をした男女4人は全教科の結果が無効となった。確認できる2006年以降で最多だった昨年より8件減り、2番目に少なかった。昨年まで2年連続で発覚したスマートフォンを使った不正はなかった。大分県で受験生が13日の英語のリスニング試験の開始前に問題冊子を開き、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング