信越線立ち往生:JR支社長「判断は誤りだった」と陳謝

毎日新聞 / 2018年1月19日 20時58分

バス1台提供申し出に「断っていた」ことに新潟県三条市のJR信越線で、積雪のため乗客約430人乗りの電車が約15時間半立ち往生した問題で、JR東日本は19日、三条市から乗客救出用にマイクロバス1台を提供する申し出があったにもかかわらず断っていたと発表した。「全員乗せることができない」との理由といい、今井政人・JR東日本新潟支社長は「判断は誤りだった」と陳謝した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング