写真

事故の痕跡が色濃く残る福島第1原発3号機=2016年9月、東京電力提供、西澤丞さん撮影

写真家の西澤丞(じょう)さん(50)=群馬県高崎市=が来月、東京電力福島第1原発の廃炉作業が行われている現場を3年半にわたって撮影し続けた写真集「福島第一廃炉の記録」(みすず書房)を出版する。防護服姿の作業員や復旧が進む様子など約150枚が時系列に沿って収められており、西澤さんは「現場をありのまま伝えたい」と話している。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング