福岡市:性的少数者認証、異性カップルも対象

毎日新聞 / 2018年2月14日 14時30分

福岡市の高島宗一郎市長は14日、LGBTなど性的少数者のカップルをパートナーとして公的に認証する「パートナーシップ宣誓制度」を2018年度から導入すると発表した。同様の制度は全国6自治体が導入しているが、福岡市は同性カップルに限定せず、戸籍上は異性のカップルが同性としてパートナーになるケースも想定する。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング