暴行:「被害証言曖昧」マンション反対男性に無罪判決

毎日新聞 / 2018年2月13日 21時5分

高層マンション建設の反対運動をする中で建設現場の責任者の男性を突き飛ばしたなどとして暴行罪に問われた名古屋市瑞穂区の薬剤師、奥田恭正被告(61)の判決で、名古屋地裁(小川貴紀裁判官)は13日、「被害男性の証言は曖昧で、他の証拠による裏付けも認められない」として無罪(求刑・罰金15万円)を言い渡した。被告は2016年10月7日午前8時40分ごろ、瑞穂区の新築マンション建設現場の路上で、男性の胸を両手で突き飛ばし、後ろを徐行していたダンプカー側面に接触させて暴行を加えたとして逮捕、起訴された。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング