熊本市:熊本競輪場、存続へ 復興財源に寄与

毎日新聞 / 2018年2月20日 8時24分

熊本市の大西一史市長は19日の記者会見で、熊本地震で被災した熊本競輪場(同市中央区)を存続させ、2020年10月以降に再開させる方針を示した。高額な復旧費から廃止を含めて検討していたが、競輪事業の収益は復興財源に寄与するとして、被害が軽微だった観客席のみを残して縮小再開させる。市によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング