三重:鳥羽のカキ小屋で食中毒 ノロ検出 男女36人症状

毎日新聞 / 2018年2月19日 22時25分

県食品安全課、19日付で営業禁止処分に三重県食品安全課は19日、同県鳥羽市浦村町のカキ小屋「喰(く)い処(どころ)かき浜」で食事をした県内外の観光客ら18~78歳の男女36人が、下痢や嘔吐(おうと)などの症状を訴えたと発表した。複数の客や従業員の便からノロウイルスが検出されたため食中毒と断定し、19日付で営業禁止処分にした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング