順天堂大:放射線科医常勤の病院 不適切画像検査、少なく

毎日新聞 / 2018年2月20日 7時40分

腰痛患者のうち、学会が実施を控えるよう求めているケースへの磁気共鳴画像化(MRI)検査について、画像診断を専門とする放射線科医が常勤する医療機関の実施割合は、常勤しない医療機関の半分だったとの調査結果を、順天堂大などのチームが発表した。検査の有効性が認められない初期段階が対象で、診断のプロである放射線科医の存在が、適切な画像検査の利用につながる可能性を示す研究成果として注目される。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング