石川県漁協:輪島市議の理事 「カラ出張」か

毎日新聞 / 2018年2月22日 9時30分

石川県漁業協同組合の理事を務める輪島市議の竹田一郎氏(73)が、5年半にわたり不適切な会計処理を重ねていたとして、昨夏から内部調査を受けていることが分かった。県漁協は21日、各支所のトップである運営委員長ら約25人を集めて対応を協議。竹田氏に計約4700万円に上る仮払金の弁済と、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング