元九大医学生:米捕虜生体解剖に立ち会い 「心の傷」自伝

毎日新聞 / 2018年2月24日 12時53分

太平洋戦争末期の1945年、九州帝国大(現九州大)で実施された「九大生体解剖事件」に医学生として立ち会った東野(とうの)利夫医師(92)=福岡市中央区=が、自伝「戦争とは敵も味方もなく、悲惨と愚劣以外の何物でもない」(文芸社)を出版した。戦争を知る世代が亡くなっていく中、歴史の証人として戦争体験を後世に伝えるため、「最後の仕事」として筆を執った。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング