福岡教育大:学力伸びにくい就学援助受給の子「対策を」

毎日新聞 / 2018年2月25日 9時30分

福岡教育大の川口俊明准教授(教育社会学)の研究グループが、ある自治体の中学3年生を対象に、小学4年以降の学力の変化と就学援助の受給の有無の関係を分析した。学力下位グループほど学力の伸びも小さく、就学援助を受給している子供の割合が高かった。親の経済力が子供の学力格差につながっていると指摘される中、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング