官房機密費:闇の温床 自民、下野直前2.5億円消滅

毎日新聞 / 2018年3月21日 8時30分

「毎年10億円以上が闇に消えるのは異常だ」。政府が初めて開示した内閣官房報償費(官房機密費)の支出に関する文書。20日に大阪市内で記者会見した市民団体の弁護団は、機密費の大半が領収書が要らない「政策推進費」として使われている実態を指摘し、運用改善を求めた。「請求から11年かけてようやく文書が開示されたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング