熊本地震2年:自宅再建か断念か 遺族、揺れる心

毎日新聞 / 2018年4月16日 7時30分

熊本地震の本震から16日で2年。2度目の最大震度7を観測した本震は、2日前の前震を体験した被災者が日常を取り戻そうとした矢先の激震だった。ともに自宅で眠りにつくも生死を分けた家族。あの日を呼び起こす自宅跡地で再建を決意するか、断念するか。遺族が揺れている。母の記憶胸が苦しい熊本県益城町の会社員、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング