神戸・中3自殺:「破棄」調査メモ、「学校内に存在」発表

毎日新聞 / 2018年4月22日 21時28分

神戸市垂水区で2016年10月、市立中3年の女子生徒(当時14歳)が自殺した問題で、神戸市教委は22日、第三者委員会の調査報告書で「破棄した」とされていた自殺直後の同級生らへの聞き取りメモが、学校内に存在していたと発表した。遺族は、いじめの有無などを尋ねた聞き取りメモの存在を以前から指摘していたが、市は対応していなかった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング