神鋼データ不正:40人以上認識か 東京地検・警視庁捜査

毎日新聞 / 2018年4月25日 22時44分

神戸製鋼所による品質検査データ改ざん問題で、同社の役員経験者5人を含む40人以上が不正を認識していたとみられることが関係者への取材で明らかになった。東京地検特捜部と警視庁捜査2課は不正競争防止法違反(虚偽表示)容疑を視野に捜査を進めている。関係者によると、不正を認識していたのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング