狛江市:市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文

毎日新聞 / 2018年5月22日 20時51分

具体的被害「手を握られた」「お尻触られた」「腰に手」など進退について「白紙状態」と述べていた東京都狛江市の高橋都彦(くにひこ)市長(66)が22日、辞職表明に追い込まれた。21日の記者会見で自身のセクハラ疑惑を「身に覚えがない」と一蹴。腹心の副市長をはじめ幹部から辞職を迫られても「信頼は回復できる」と強弁していたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング