宮崎県:県職員を懲戒免職 被災地派遣先で家電盗む

毎日新聞 / 2018年5月27日 11時50分

宮崎県は、熊本地震の被災地支援のため熊本県阿蘇市に派遣していた県人事課の主事(31)が職員宿舎の家電などを盗み出してリサイクルショップに売却したとして、懲戒免職処分にしたと発表した。相当額が弁済されているため刑事告発はしない。同県によると元主事は今年1月、阿蘇市内の職員宿舎にあった冷蔵庫や電子レンジなど7点計15万円相当を4回にわたって宮崎県内のリサイクルショップに売却し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング