南海トラフ地震:8割が避難発令検討 被害予想自治体調査

毎日新聞 / 2018年6月11日 23時58分

国の中央防災会議の作業部会は11日、南海トラフ地震で大きな被害が予想される約700市町村へのアンケート結果を公表した。気象庁から発生可能性が高まっていることを示す「臨時情報」が発表された段階で、8割近くの自治体が避難勧告などの発令を検討する必要があると回答した。ただ「予測の精度が高くない情報で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング