JR北海道:96年以来の値上げ検討 利用客減や赤字拡大

毎日新聞 / 2018年6月13日 19時26分

JR北海道の島田修社長は13日の記者会見で、消費税率引き上げに伴うケースを除き、1996年以来の運賃値上げを検討していることを明らかにした。利用客減少や赤字拡大が理由。前回は同様に経営難が続くJR四国、九州両社と同時だったが、今回はJR北のみとなる見通しで、距離に応じた乗車料金を変更することになる。島田氏は「運賃は札幌市営地下鉄や路線バスより安いが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング