大阪震度6弱:「水、食料を」買い物客殺到 品切れ相次ぐ

毎日新聞 / 2018年6月18日 22時1分

震度6弱を観測した地震の震源地となった大阪府北部のスーパーには、飲料水やカップ麺、冷凍食品などを買い求める客が殺到し、商品が品切れになる店が相次いだ。大阪府高槻市城西町のスーパーチェーン「ライフ高槻城西店」では18日夕、売り場にミネラルウオーターやお茶がなくなり、「本日のお水は完売致しました。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング