接続遮断訴訟:NTTコム、訴えを退けるよう求める

毎日新聞 / 2018年6月21日 18時56分

「通信の秘密の侵害」原告主張の第1回弁論インターネット上で漫画や雑誌を無料で読める海賊版サイトの対策として、NTTコミュニケーションズがブロッキング(接続遮断)を実施するのは「通信の秘密の侵害にあたる」と弁護士が同社を訴えた訴訟の第1回口頭弁論が21日、東京地裁(鈴木謙也裁判長)で開かれた。同社は訴えを退けるよう求め、争う姿勢を示した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング