豪雨:被災者、これをしてはダメ 防災の専門家らに聞く

毎日新聞 / 2018年7月9日 21時18分

浸水や土砂被害を受けた地域の被災者はどんな注意が必要なのか。地区の約3割が水没した岡山県倉敷市真備町に入った防災の専門家らに聞いた。9日に現地を視察した危機管理アドバイザーの国崎信江さんはまず、「水が引いても、無理に家の泥を取り除いたり、家財の片付けを始めない方がいい」と指摘する。泥はトイレの汚水や農業水を含み、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング