琵琶湖博物館:10万匹に1匹 珍しい「雌雄カブトムシ」

毎日新聞 / 2018年7月12日 18時27分

雌雄両方の特徴を持つカブトムシが、滋賀県立琵琶湖博物館(同県草津市)で12日から展示されている。体長約4センチ。雄の特徴の角が頭部にあるが、左に短く曲がり、胸部には小さな角がない代わりに、雌の特徴の筋が入っている。京都市の主婦、松村直子さん(29)が自宅で今年羽化させた約20匹の中から見つけ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング