西日本豪雨:し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲

毎日新聞 / 2018年7月15日 19時30分

肱川(ひじかわ)が氾濫して甚大な被害が出た愛媛県大洲市では、し尿処理施設が被災し、汚水処理が1週間以上できない状態が続いている。家庭の汚水槽の容量も限界に近づいており、被災者からは「排せつのことを考え、水や食事も我慢している」と深刻な声が聞かれる。大洲市など2市2町でつくる衛生事務組合が運営する処理施設「清流園」は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング