西日本豪雨:断水の宇和島に特殊ろ過装置

毎日新聞 / 2018年7月19日 12時44分

西日本豪雨による土砂崩れで断水が続く愛媛県宇和島市の吉田町地区で、同市など3市1町でつくる南予水道企業団は、熊本地震などでも活躍した特殊なろ過装置を導入する。浄水場が土砂に埋没し、現在地での復旧を断念したためだ。1台で最大1日約900トンの水を供給でき、複数台の設置で需要量の6~7割を満たせるという。装置はろ過材メーカー「日本原料」(本社・川崎市)が計7台を提供し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング