和歌山県立高:ラグビー部監督を懲戒免職 部員に暴行 

毎日新聞 / 2018年8月1日 20時10分

和歌山県立星林高(和歌山市)のラグビー部監督を務める男性教諭(35)が校内合宿中に飲酒し、男子部員に暴行を加え全治3週間のけがをさせたとして県教委は1日、教諭を懲戒免職処分にしたと発表した。部員は警察に被害届を提出した。県教委によると、教諭は7月15日夜、3年生の男子部員のシャツを後ろからつかんで数メートルひきずった上、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング