台風21号:大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め

毎日新聞 / 2018年9月19日 7時30分

台風21号が今月4日に近畿地方を通過した際、大阪湾に停泊していた51隻の船舶のうち、6割を超える33隻がいかりを下ろしたまま強風で流される「走錨(そうびょう)」を起こしていた可能性の高いことが、若林伸和・神戸大大学院教授(航海学)の分析で明らかになった。この台風で走錨したタンカーが、関西国際空港の連絡橋に衝突。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング