関空:旅客便正常化 浸水対策、抜本見直しへ

毎日新聞 / 2018年9月21日 21時55分

台風21号による高潮で浸水被害を受けた関西国際空港は21日、第1ターミナル(T1)北側が稼働し、旅客施設が全面的に再開した。第2ターミナルと合わせた空港全体の旅客便数は発着で464便と被災前の水準(1日約480便)までほぼ回復した。国際拠点空港としての旅客機能を取り戻したことを受け、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング