富山県警:シニアらの山岳遭難増加 「無理な計画を」

毎日新聞 / 2018年9月25日 8時49分

中高年を中心に登山人気が高まる中、立山連峰を擁する富山県内では山岳遭難が増加傾向にある。今年の夏山シーズン(7、8月)は特に目立ち、昨年比15件増の68件発生。遭難者は同13人増の71人だった。富山県警は救助隊を増員し、最新の機材を導入するなど万が一の事態に備えているが、「日帰りで登れる山でも油断せず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング