毒キノコ:カキシメジやツキヨタケ食べ食中毒 茨城

毎日新聞 / 2018年9月26日 8時24分

茨城県は25日、県内で2人が毒キノコを食べて食中毒になったと発表した。北茨城市の60代男性は「カキシメジ」を食べて、嘔吐(おうと)などの症状を訴え、同市内の病院を受診。城里町の60代男性は「ツキヨタケ」を食べて、腹痛や嘔吐などの症状を訴え、水戸市内の病院に入院した。毒キノコによる食中毒は今年計3件となった。2人はいずれも快方に向かっている。県生活衛生課によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング